劇団サンクロブログ

仲良し3人組の娯楽紹介ブログ

父親が印象的な作品。

どうも、敷波です。

 

昨日スーパーで父の日フェアをやっていたので、今回はアニメ等の作品の印象的な父親を紹介していきたいと思います。

 

野原ひろし/クレヨンしんちゃん

この手の話には欠かせない、日本の若いお父さん代表ですね。

普段は頼りない男ではありますが、映画版の理想の一般的な父親像としての描かれ方には涙する方も多いのではないのでしょうか。

最近では、ひろしが主役の飯テロ系のスピンオフ作品があるのだとか。

 

越前南次郎/テニスの王子様

元テニスプレイヤーで、現在でも主人公であり息子のリョーマにハンデ付きで勝てるほどの実力を持っている。作品中では何故かお寺の住職をしている。

『最強チームを結成せよ』というゲームでは隠しキャラとして登場し、そのパラメータは全キャラ中最強であった、また、必殺技もゲームオリジナルでかなり強力なものを扱える。

最強の父親の一人であるといえる。

 

藤原文太/頭文字D

藤原豆腐店の店主であり、主人公拓海の父親。作中最強格のドライビングテクニックを持つ人物である。

やはり、頭文字Dのゲームにおいて、隠しキャラ・裏ボスとして登場することがある。

テニスの王子様頭文字D、バキなど、言ってしまえばドラゴンボールもだが、この頃の漫画作品は主人公の父親も最強格の人物であることもよくあり「友情」「努力」「勝利」よりも「血筋」なのでは?と言われている時期が確かにあった。

 

 

他にもまだまだ印象的なキャラクターはいるはずではあるが、今回はこれ以上思いつかないのでこの辺で!

以上、敷波でした。