劇団サンクロブログ

仲良し3人組の娯楽紹介ブログ

敷波雪徒の思い出の一本。(くにおくんシリーズ編)

どうも、敷波です。

 

今回から新シリーズを始めていきます。思い出の一本ということで、子供の頃プレイして自分の人生に大きく影響しているのではないかというゲームを紹介していこうという企画です。後々プレイ動画を投稿できればいいですね。

この記事に関しては今後他の2人にも同じタイトルで書いてもらう予定です。あ、今勝手に書いてるだけで本人たちにはこれで通達ということで。

 

今回私が紹介するゲームはくにおくんシリーズです。最初の記事でタイトルを一本としておきながらいきなりシリーズの紹介です。すいません。

時代背景としてドラマ・アニメ・漫画等でヤンキーものが流行っている頃の作品でした。

熱血高校の番長であるくにおが親友である花園高校の番長であるりきとともに事件を解決したり、野球やサッカー、運動会に参加したりと色々頑張るシリーズです。

ファミコンスーパーファミコンの頃に流行ったシリーズでその作品数も10を超えるのですが、大きく2種類にわけられます。

 

①横スクロールバトルアクション

(主に)くにおとりきを操作して敵と戦っていく最大2P用のアクションゲーム、現在の龍が如くシリーズにつながるようなストーリー性も特徴の一つ。体術や武器・必殺技を駆使して敵を倒していき、ストーリーを進めていく。基本くにおが住む町が舞台だが、時代劇バージョンがあったりとバラエティー豊か。

②スポーツアクション

最初のドッチボールに始まり、野球・サッカー・バスケ・アイスホッケー・ビーチバレー・運動会など数々のスポーツゲームがある。普通のスポーツゲームかと思いきや暴力や必殺技などで相手をKOしても勝ちというとんでもルールがあることが多くそれもくにおくん節である。古い作品でもマルチタップ等を使うことで4人までプレイ可能、ぜひ一番面白い運動会を4人でプレイしてみたいところです。うちのメンバーは3人ですが。

 

現在も新しい作品が出ているとか。

今後プレイしていきたいと思います。

 

以上、敷波でした。