劇団サンクロブログ

仲良し3人組の娯楽紹介ブログ

モーションアクターとは

劇団サンクロのブログへようこそ!

メンバーの瑞鳳真一(ずいほうしんいち)です!

最近スーツアクターの記事を書くことが多くなりました。
今回はそれに関連する職業、モーションアクターについてご紹介いたします。


まずモーションアクターを語る前に、モーションキャプチャーについて軽く触れさせていただきます。


モーションキャプチャーとは、現実の人物や物体の動きをデジタル的に記憶する技術のことです。

記録された情報は、スポーツ及びスポーツ医療の分野における選手たちの身体の動きのデータ収集に利用されたり、CGアニメやゲームにおけるキャラクターの人間らしい動きの再現に利用されます。

モーションアクターは、この技術を用いてキャラクター用の動きのデータを取り込む際に実際に演技をする方々のことをいいます。

昨今はCG技術の発達・発展により、CGアニメ作品やCGムービーを多用する作品が増えました。日本だけに留まらず、世界中にアクターが存在します。


日本のモーションアクターさんはアクション俳優やスタントマン、スーツアクターをされている方が仕事の一つとしてやっていることが多く、専業とされている方はいない、とのことです。

モーションキャプチャーは結構ハードな作業らしく、特にアクション系のアニメやゲームの演技取り込み時は同じアクションを何度も行うこともあり、基礎体力がないと務まりません。

また、武芸の型や様々な運動の技を求められることも多く、それらの知識があり、実践できる方に演技していただいたほうが、より完成度の高い作品に仕上がります。

ですからアクション俳優、特にスーツアクター経験者の方がモーションアクターに採用されることが多いとのことです。


近年では国内でもモーションキャプチャー専用スタジオが設立されたり、モーションアクターに特化した事務所が立ち上がったりしていて、だいぶ身近な存在になりつつあります。

ここ最近爆発的に増えたバーチャルYouTuberの方々が3D技術を用いて動画を配信する際にもモーションキャプチャー技術が用いられています。

そういう意味ではモーションアクターになるまでの敷居が低くなってきているのかもしれません。

興味がある方はこちらの世界を覗いてみては如何でしょうか。


拙い文章ではありましたが、最後までお読みいただきありがとうございました!

よろしければ他メンバーの記事もご覧くださいm(--)m