劇団サンクロブログ

仲良し3人組の娯楽紹介ブログ

アイマスを語る キャラクター編Vol2(如月千早)

どうも、敷波です。

 

今回はアイマスシリーズのキャラクター紹介シリーズ第2弾、如月千早編でございます。

 

如月千早とは?

アイマスシリーズの初期作品から登場し、天海春香に次ぐ2番手ポジションのキャラクターであり、イメージカラーは青。

歌に熱い情熱を向ける、真面目でストイックな少女である。

初期の作品では暗い過去と複雑な家庭環境を持ち心に壁を作ってしまっていて、自分や周りに対して厳しい感覚を持っているキャラクターとして描かれている。そんな千早の心を溶かしていくのがプロデューサーとしての醍醐味であった。アニメ版アイドルマスターでもそのあたりが描かれているので、要チェックです。

映画版以降は朗らかに笑うようになり、周りに気を配れる娘として描かれている。

 

歌姫・如月千早

キャラクター設定で歌に情熱をかけている、と書かれるだけあって彼女のソロ曲はプロデューサーの人気も高い。また、担当声優である今井麻美さんの実力もあり聴きごたえのある曲ばかりである。初期の方の暗い曲調にしっかりとした歌声の時期や、アニメ前後の全力で歌う感じの時期、最近ののびのびと楽し気に歌う感じと時期によって曲調が違ってくるのも如月千早が歌う曲たちの魅力である。

 

ニコニコ動画等における如月千早

昔からもっぱら、そのバストサイズである72をネタにされることが多い。

真面目なキャラクターであるがゆえにツッコミキャラかと思えば、真面目な顔で的はずれなことを言うボケであることが多い。

今井麻美さんが高槻やよいの担当プロデューサーを公言したあたりから、千早がやよいを溺愛している動画が増えている。

アイマスシリーズと関係ない動画でも「目が逢う瞬間」が使われることがあるが、これは千早の曲である。

 

ぜひどのシリーズ、どの媒体でもいいので如月千早に会ってみてください。

今回はこの辺で。

以上、敷波でした。