劇団サンクロブログ

仲良し3人組の娯楽紹介ブログ

織田信長の家臣、何人わかる?

どうも、敷波です。

 

今回は歴史から。

織田信長は戦国時代の有名人で、歴史の教科書にも載っていて知らない日本人はほぼいないはずですが、その周りの人間を皆さんは何人知っているでしょうか?

私が独断と偏見でレベル分けをしたので、ぜひ皆さんが何レベルかを確認してみてください。読み仮名を振っていないので、漢字が読めればその人物を知っていると認定します。

 

レベル1(歴史の教科書は読んでいるレベル)

羽柴秀吉

後の豊臣秀吉徳川家康織田信長と同列に語られることが多いので知らない人はすくないはず。

明智光秀

今年の大河ドラマの主役。たまにこの人がわからないという芸能人を見かけますが、このタイミングで覚えておきましょう。

レベル2(大河ドラマ観る派・歴史系ゲームやる派レベル)

柴田勝家

鬼柴田。織田家の重鎮。織田信長豊臣秀吉をストーリーとして追っていくとこの人は必ず外せないので、歴史好きには常識レベル

丹羽長秀

この人も歴史の教科書では名前が出ないこともあるが、こと人なしでは織田信長豊臣秀吉も語れないので。ちなみに羽柴という苗字は、羽はこの丹羽長秀を柴は柴田勝家を尊敬していますという意味を込めて、秀吉が名乗った苗字である。

前田利家

この二人並みに知名度のある織田信長の家臣。「利家とまつ」ではその名の通り主役であり「花の慶次」では準主役級の扱いである。

レベル3(にわか歴史オタク)

滝川一益佐々成政池田恒興

歴史ゲームでもなかなか主役級で取り扱われないものの、名前だけはよく見るといった面々。織田家家臣の中でも重鎮で有能なのは確か。ちなみに私もこのレベルです。

レベル4(ガチ勢・歴史家)

村井貞勝九鬼嘉隆筒井順慶 等々

この方々をどの戦いでどのように活躍したかを語れるのであれば、歴史ガチ勢といっても差し支えないでしょう。もはや、歴史の先生なのでは?

 

 

今回はこの辺で。

まだ今年の大河ドラマを一話も観ていない敷波でした。