劇団サンクロブログ

仲良し3人組の娯楽紹介ブログ

声優を語るvol2(小野坂昌也・鈴村健一編)

どうも、敷波です。

 

今回は声優シリーズ第2弾です。

 

 

まずは小野坂昌也さん

テニスの王子様桃城武役、「ボボボーボ・ボーボボ首領パッチ役、「ヘタリア」フランス役、「真・三國無双シリーズ」諸葛亮趙雲役と私が中学から大学まではまった作品に数多く出演しています。

私がこの方の凄いと思うところはそのアンテナの鋭さと頭の回転の速さです。

前回、杉田智和さんが声優界の温度を変えたという話はしましたが、一番敏感にそれを察知して行動を起こしたのはこの小野坂昌也さんだと思います。具体的な例は思いつきませんがテイルズのイベントで他のキャストさんに「ファンが望んでるのはそういうことじゃないから」「キャラの声思い出せないとか、見ているファンの人はそういうのに厳しいよ」等面白おかしくしながらも忠告していたので、業界の雰囲気やファンの声にもアンテナを張っている感じがしました。

また昨今では珍しくなくなった声優さんのYouTubeデビューもこの方が一番早かったです。検索してみると2017年とでました、やはりこういったことへの先見の明というか嗅覚というか、そういうところは他の声優さんより群を抜いていると思います。

 

続いて鈴村健一さん

機動戦士ガンダムSEED DESTINYシン・アスカ役や「銀魂沖田総悟役でもおなじみの人気声優さんです。

この方の特筆すべきことはその行動力です、その行動力からできた数々の偉業をまとめてみたいと思います。

①所属していた声優事務所から独立し、「株式会社インテンション」を立ち上げる。今では人気声優さんが独立することは珍しくないことのようですが、諏訪部順一さんが「鈴村君のこの行動が後輩の一つの指標となった」という発言をしているので鈴村さんが先駆けとなったのではないかと推測できます。

②AD-LIVE(アドリブ)という即興舞台劇を発案し、総合プロデューサーになる。2008年に初回公演が行われ、2014年以降は毎年公演されています。今年も9月5日からの公演が予定されています。YouTubeで無料公開されているものもあるのでぜひお試しあれ。

③戦隊ヒーローの番組でED曲を踊っている動画が募集されていたので、神谷浩史さんと踊って投稿し、採用される。

④これは鈴村さんとは直接は関係ないですが、鈴村さんにそっくりなVTuberがいるらしいです。「りんくろー」というそうなので、一度チェックしてみるのをおススメします。

これだけでもどれだけ精力的に行動している方なのかわかると思います。

さらに鈴村さんは愛妻家としても有名です、奥さんも人気声優の坂本真綾さん。どれだけ忙しくても二人の時間を大事にしているとか。素晴らしいですね。

 

では、今回はこの辺で。

敷波でした。