劇団サンクロブログ

仲良し3人組の娯楽紹介ブログ

六曜について

皆様こんにちは👋😃
扶桑 貴志(ふそう たかし)でーす🎵

今回は身近な疑問…

六曜についてお話していきたいと思います。

1.六曜ってなに

これを読んだ方は、「六曜ってなんやねん」って思ったと思います🤗

そうですよね…普通はあまり意識しないし、スマホやパソコンが普及している今では、あまり見ることもないかと思います…

六曜とは、「先勝」「友引」「先負」「仏滅」「大安」「赤口」の6つのことをさし、人間のその日のコンディションチェックや物事のタイミングを計ったり、冠婚葬祭の際に使われるものです🤗


紙のカレンダーなんかには日付と曜日、そしてこの六曜が必ず入ってます。

「結婚式は仏滅を避けた方が良い」
「大安だから縁起がいい」

と言うことはこの六曜から来ている言葉ですね🎵

今でもこだわる方は、こだわってるので、なかなかに侮れないと思います😅


日本には鎌倉時代に伝わり、第二次世界大戦以降に国内に広く普及されました(*´ー`*)

順番は先勝→友引→先負→仏滅→大安→赤口の順番を繰り返しており、中国の旧暦の旧正月や月始めの1日から、順番が変わります(*´ー`*)

気になった方は、まじまじとカレンダーを見てみるといいかもですね😅


2.六曜の意味

この六曜にはちゃんと意味があります
ざっくり説明すると

先勝→「先んずれば勝ち」万事急ぐ ことが吉であり、午前中の行動は吉。午後からは凶。
やったもん勝ちのオラオラな日です。

友引→「凶事に友を引く」という意味。お葬式はNG 物事において、勝負のつかない日。朝晩は吉。正午は凶。
友引くことから巻き込み属性ですね。

先負→「先んじれば負け」の意味。勝負事や急用は避けて、万事に備える日。
午前中は凶。午後は吉。
先勝とは逆にスロースタートな日です。


仏滅→「仏すらも滅する凶日」の意味。
結婚式はよく避けられる日
祝い事などは、よくないとされる日
意外と聞きますが、吉や凶がないので、一番安定した日かも…

大安→「大いに安し」という意味。
万事に通用し、どんなことでもうまくいく吉日。とてもよく聞くと思います(*´ー`*)

赤口→もともとは口紅の紅から来ている言葉、赤とついていることから、火元に気を付けるための日
正午はのみ吉で、全ては凶‼️
祝い事なども全てNG‼️
六曜だと一番危ない日だと個人的に考えてます🤗

になります(*´ー`*)

ふと思ったときに、意識してみるとなかなかに面白いかもしれませんね🎵

今回はこんな感じで🤗

もしよかったらご意見、ご感想などコメント欄にお書きください。

六曜についてのおもしろえぴそーどなんかも書いてくださると、喜びます‼️

ではまたー🤗