劇団サンクロブログ

仲良し3人組の娯楽紹介ブログ

「国境ではなく性癖、KPIではなく楽しさ」

劇団サンクロのブログへようこそ!
メンバーの瑞鳳真一(ずいほうしんいち)です!


突然ですが、この記事のタイトル、とある方々が発した名言なんですが,ご存じの方はいらっしゃいますでしょうか?

発言主は中国の株式会社Manjuuの社長、林書茵(りんしょいん)氏と、株式会社Yostarの社長、李衡達(りこうたつ)氏。

同2社が開発・運営しているスマホ向けソーシャルゲーム、「アズールレーン」のインタビューにて発言されました。

彼らは日本の漫画・アニメに強い影響を受け、「単純に楽しさを作る」を創業理由にゲームを開発しています。そして上記の発言。結果日本だけでなく、世界中で大ヒットした作品が、「アズールレーン」になります。


前置きが長くなりましたが、今回は私、瑞鳳真一が好きなソーシャルゲーム第二回として、「アズールレーン」をご紹介させていただきます!

それでもいいよー、という方はよろしければお付き合いくださいませ。
同じゲームやってるよ~、って方がいらっしゃれば嬉しいです(^^)

 

アズールレーンは「KAN-SEN」と呼ばれる擬人化した艦船たちを指揮して戦うシミュレーションゲームです。
一部シューティングゲームの要素も含まれています。

このゲームではプレイヤーは「指揮官」と呼称されます。
ファン同士でも指揮官呼びが多いですね。

世界中の様々な艦船が可愛く、そして美しい女性の姿で擬人化され、第二次世界大戦に活躍した艦だけでなく、第一次世界大戦、さらには計画のみの未完成艦までも登場し、その種類はバラエティに富んでいます。

また、このゲームは課金をあまりしなくても十二分に強くなることが可能であり、所謂ガチャに必要なアイテムも簡単に入手・貯蔵が可能であることから、無課金プレイを目指す方にとっても遊びやすいのが特徴です。

私も無(理のない)課金をしながらプレイする派なので、この仕様は非常にありがたいです♪

様々な作品とコラボしているのも特徴ですね。

ネプテューヌ」シリーズや「うたわれるもの」シリーズといったゲーム作品、「キズナアイ」や「ホロライブ」といったバーチャルYouTuber、さらには「装甲騎兵ボトムズ」といった日本のアニメ作品など、ユーザーの予想斜め上のコラボが実現しています。
しかも互いの世界観を壊さずに上手く融合しています。

特に「World of Warships」とのコラボが盛んに行われていますね。
今後はどの作品とコラボしてくれるのか、今から楽しみです(^^)


私は運営が動画サイトで定期的に最新情報を生配信してくれるのが楽しみだったりします。
毎回ゲストを呼んで配信するのですが、癖の強いゲストばかりで観ていてとても笑えます。


ここからは私独自の見解になるのですが、本作は遊びやすいゲームシステムと魅力的なキャラクター、そして運営側のユーザーに対する親切丁寧な対応がヒットの要因だと思います。

リリース当初、日本では本作ユーザーが予想以上に増加したことにより様々なトラブルが発生しました。
それに対し、運営側はTwitterの公式アカウントにて状況と対応策を逐次公開していました。

さらにはエラー発生時にはお詫びのアナウンスと補償アイテムを迅速に配布する、といった懇切丁寧な姿勢が信頼感を高め、ヒットに繋がったのではないでしょうか。


この他にも伝えきれない魅力がアズールレーンには詰まっています。
やったことないけど興味が湧いた、という方は是非チェックしてみてくださいね♪

既にプレイ中、という指揮官の方、これからも共々にアズールレーンを盛り上げていきましょう!

最後に余談ではありますが、私の初期艦は綾波、最推しはアドミラル・グラーフ・シュペーです(^^)


拙い文章ではありましたが、最後までお読みいただきありがとうございました!
よろしければ他メンバーの記事もご覧くださいm(--)m