劇団サンクロブログ

仲良し3人組の娯楽紹介ブログ

項羽と劉邦

どうも、敷波です。

 

今回は、項羽と劉邦についてお話します。

 

大前提としてこれも古代中国史にあてはまります。一般的に日本では「項羽と劉邦」もしくは「史記」というタイトルでこの話は書かれています。時代的には秦の始皇帝の後で三国志の前になります。

 

大まかなストーリーとしてはまず、陳勝呉広の乱というものがおこり、それがきっかけで秦が滅び、群雄割拠の時代が来るがすぐ項羽と劉邦の2強になり、韓信という人が活躍して劉邦が勝ち漢という国をつくる。といった感じです。三国志の主人公の一人である劉備はこの劉邦の子孫と名乗るわけですね。

 

キングダム好きにとってはあまり見たくない話かもしれません。信たちが頑張ってつくった国が亡びる話なので。

 

この話は三国志好きとしては面白いのですが、やはり三国志より地味なのでアニメや漫画等であまり取り上げられておらず、そこから入るのも難しいのです。この話がつまらないというよりは三国志が物語としてもとても面白いものであるととらえてください。

 

しかし、項羽劉邦韓信だけでなく張良、黥布、虞美人などなど魅力的な登場人物はたくさんいるので、興味がわいたならぜひ。

 

また、この話からできた故事成語もあるので歴史と一緒に国語も勉強できます。背水の陣や四面楚歌などの言葉はエピソードと共に覚えられるのでなかなか忘れないでしょう。

 

ちなみにこの記事は参考資料なしで書いているので記憶違いや誤字などあれば指摘をお願いします。

 

以上、敷波でした。