劇団サンクロブログ

仲良し3人組の娯楽紹介ブログ

服の色で表現される心理描写

劇団サンクロのブログへようこそ!
メンバーの瑞鳳真一(ずいほうしんいち)です!
まぁまずは一杯どうぞ(^^)

f:id:gekidansankuro:20200214013739p:plain



今季の冬は暖冬と言われていただけあって雪があまり降らず、比較的暖かい気温の日が続いていましたが、流石に二月に入ると急に寒くなりましたね(^^;)
寒い季節には温かくて美味しいラーメンでもすすりながら当記事をお読みいただければ幸いです。


さて、皆様は好きな色はありますか?
私は緑が好きです。
自然界に多く存在する色で、癒しの色とも言われています。見ていて落ち着きますし、穏やかで優しい印象を与えてくれるので好きなのです。私のクローゼットの中は緑色の服の割合が多いですね(^^)自分の心理状態が穏やかな時によく着ます。

また、着る服の色によってその人の心理状態がある程度分かると言われています。まあ私は専門家ではないので詳しくは説明できませんが。
これは創作の世界においても同じことが言えると思います。
そこで今回は服の色が表すキャラクターの心理状態について考察してきます。


※これはあくまで私の持論であり、すべてのキャラや作品に当てはまるわけではありません。一素人の考察になりますので、あらかじめご了承ください。


まずは代表的な11色が持つイメージをざっくりとご紹介いたします。


赤:熱い、強い、危険、闘争、派手な、情熱的、明るい、活動的な、興奮、怒り、など

ピンク:かわいい、やさしい、甘い、若い、幸せ、ロマンチック、意地悪、など

オレンジ:暖かい、明るい、元気、健康的、楽しい、親しみやすい、安っぽい など

茶:自然な、落ち着いた、堅実、古い、安心する、堅い、地味、渋い、おとなしい など

黄:明朗、希望、喜び、幸福、躍動、賑やか、幼稚、注意、軽率、騒がしい など

緑:安らぎ、落ち着き、癒やし、若さ、新鮮、平和、健康、公平、平凡 など

青:冷静、孤独、冷たい、静か、知的、爽やか、信頼、自由、誠実、憂鬱 など

紫:高貴、高級、神秘的、正式な、不思議、和風、大人、古典的 など

白:純粋、神聖、清潔、無垢、平和、自由、善、潔白、無、緊張、未来 など

灰:曖昧、陰気、不安、控えめ、疑惑、不正、悲しみ、シック など

黒:強さ、恐怖、反抗、暗さ、クール、威圧的、邪悪、不吉、悲しき、高級感 など


本当は色ごとに細かく説明できればいいのですが、それはまた、追々。

前回の記事でキャラクターの服装からある程度の性格が推測できると考察しましたが、キャラクターが着ている服の色も推測材料になります。
心理状態の推測も同じ。

 

f:id:gekidansankuro:20200214013827j:plain

f:id:gekidansankuro:20200214013851j:plain

分かりやすい例としては、ファンタジー作品によく登場する白騎士と黒騎士の存在です。
正義側の白騎士、悪側の黒騎士。彼らはそれぞれ正義と悪を象徴する色の鎧を身に纏っています。性格や心理状態も色が表す通りのキャラクターが多いです。

これとは別に、途中で心理状態が変化した様子を、キャラクターが着ている色の変化で表現する描写もあります。

例を挙げるとするならば、「スターウォーズ」シリーズの登場人物、ルーク・スカイウォーカーの服の色ですかね。

ルークはEP4で初登場したときは白い服を着ています。
ところが、EP5では灰色の服を、EP6では黒い服を着ています。
これは、ルークが徐々にフォースの暗黒面に堕ちかけていく心理状態を表しています。
結果としてルークはそれに打ち勝ち、ダース・ベイダーやシスを倒しましたが。

このようにキャラクターの服の色によって心理描写を表現している作品は数多くあります。
気になった方は、是非ご自身でいろいろ見つけてみてくださいね♪


拙い文章でしたが最後までご覧いただきありがとうございました!
よろしければ他メンバーの記事もご覧くださいm(--)m